記事一覧

なぜサンチンの突きは力を抜いて突くのか

沖縄空手の先生のサンチンは柔らかさの中にも力があり、胴は大木のように安定し、突ききった後の拳は鉄球のごとく固かった。

世間一般の型の解釈で多く見られるのが
「サンチンは鍛錬型だ。だったらガチガチに力を入れなければ」
といった感じのサンチンだ。

鍛錬と筋トレは別モノである。

先生は
「サンチンは柔の型。力の抜き方を覚える」
と仰っていた。

なぜ、サンチンはゆっくり突くか?

素早く突くと筋力からくるスポーツ的なスピードでごまかせる。サンチンはゆっくり突くので内面をごまかしにくい。

サンチンのユックリズムが理解できれば初心者レベルから一歩前進したことの証ともいえる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
44位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR