記事一覧

二段蹴り 

型「クーサンクー」などでは前蹴りが多用される。

前蹴りの応用技として二段蹴りがある。私の空手の先生の先生(流派の創始者)は小柄な方で二段蹴りが得意技だったという。相手の前足の膝に片足をのせた状態から相手の顎などに蹴り込む技が得意だったという。中国武術でいう二起脚に近いものだったようだ。

二起脚二起脚「中国武術・秘伝必殺鉄砂掌」より

私の先生も以前はよく二段蹴りを示してくださった。先生は横に広く、一見パワーファイターと見られる体型だったがお若い頃は二段蹴りや回転技も軽快にこなされていた。沖縄空手のほか日本空手協会黄金時代の有段者でもある先生は若い頃はかなり跳び技も稽古されたようだった。綺麗な跳び足刀のをされている写真も拝見したことがある。

二段蹴りといえばマス大山(あくまで漫画の中の)がムエタイやサバット相手に繰り出した「同じ足での二段蹴り(できる人がいたのだろうか?)」を想像される人もいるだろうが沖縄空手の二段蹴りは左右の脚で交互に蹴る。

左右の足を交互に出すのは人間のもっとも自然な運動、「歩行」「走行」の延長戦だ。自由組手で使うのは身軽なものでないと難しいと思うが、型としては自然な動きの延長だから技としてはそれほど難しいものではない。ポイントとしては腰をしゃくらないこと、また「ジャンプ」という意識を極力持たないことだろうか。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR