記事一覧

南郷継正「武道の理論」シリーズ

武道の理論

タイトルを見て「ピン」と来る人はほとんどが40代以上だろう。南郷理論は80年代にかなり取り上げられ、月刊空手道でも連載を持っていた。大道塾の東孝先生のような実戦派の方でも技術書は南郷理論の影響を受けている。

人生の中で忘れられない一冊、ということであげれば間違いなくリストアップされる書物である。後年は他の先生方からの影響や玄和会OBの方の話を伺ったりして実技面で南郷空手への興味は薄れたが、自分の型、空手の源流への興味が南郷理論からはじまったことは否定できない。

文中で解説されている「技を創る、技を使う」「桃太郎の繰り返し」などの理論は空手指導のみならず仕事ほかあらゆる面における考え方のベースとなっている。

武道、スポーツの指導者は一度は読んでおく書ではないかと思う。理論オタクにならないよう注意。初めての方なら「武道への道」が読みやすい。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR