記事一覧

必要性のある型とは?

私のツイッターの投稿に masashi さんとおっしゃる大学生の方からツイッター上にて返信をいtだいている。

自分もフルコンで型の研究などの指導を受けたりしますがいまいち必要性を感じません。 逆に必要性のある型とはなんでしょう?

若い方からいい質問をされると嬉しい。この質問の背景はこのようなものではないかと察する。

指導者
「試合ばかりが空手じゃないんだ。空手には古来より受け継がれてきた型がある。すぐに試合に役立つことはないが真の空手を習得するには型をやらなければダメだ。型には先人から受け継いだ空手の秘技が隠されているんだ。本当の空手家になりたかったら型をやれ!」

弟子
「押忍」

そして弟子は疑問を感じながらも型は大事かも知れないと思い、一応は稽古するのであった。が、いつまでたっても試合や本当の実戦で型が役に立つと思えるようにはならない・・・


先ほどの質問に私なりの回答を述べよう。

この型は役に立ち、この型は役に立たない、といった回答はありません。正しい型ならすべて役に立つし、形骸化した型なら基本型だろうが奥儀型だろうが役に立ちません。指導者が「これが正しい型だ!」と強調する場合、型を行った効果がなんらかの形で実証される必要があります。あなたのケースはどうでしょうか?

当会ではまずサンチンの型を行う。正しく指導を受けて行えば身体の質が変わってくる。これを実感するのにだいたい半年くらいだ。逆に言えば1年やっても身体の質も動きの質も変わらなければあまり意味のある稽古ではないように思える。本やDVDで順序だけいくら覚えても強くなりはしないし、身体の質も変わらない。ムエタイや総合格闘技など、型を行わなくとも強くなれる流派(格闘技)はいくらでもある。現在の極真もどちらかといえばその部類のように感じるのだが・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

まとめtyaiました【必要性のある型とは?】

私のツイッターの投稿に masashi さんとおっしゃる大学生の方からツイッター上にて返信をいtだいている。自分もフルコンで型の研究などの指導を受けたりしますがいまいち必要性を

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR