記事一覧

両足を使う - 軸足を固定することの問題点

武道上達法研究会で指導するようになって膝が左右いづれか一つしか曲げられない人が多いことに気付いた。もちろん膝を怪我したり、障害を持った人ではない。意外に思えるだろうがスポーツ武道をやってきた人に多い。

もちろん普通に走れるし、ジャンプやスクワットはできる。しかし立ったまま両足とも力を抜いて膝を曲げ、身体を移動させるることができない。スポーツをやった人は片足を軸足にする習慣がついてしまっているのでコンパスのように片足は常に固定した状態となってしまっている。いわば常にバスケットボールのピポットを行っているようなものだ。
軸足は固定されているので関節蹴りなどが極まりやすいし、また動きの巧みな相手で軸足を固定できないような状態になれば戦闘力は一気に半減してしまう。

バスケットボールのピポット - 常に軸足を固定する動き



脱力した身体を使いこなすのはそれなりの訓練が必要。片足だけ脱力するのはそれほど難しくないが両足ともに力を抜いた状態で動けるようになることが必要だ。

特にスポーツをそれなりに練習してきた場合、これまで習得した軸足を作って動く習慣を捨てることは容易ではない。足でなくハラで身体を操る習慣をつけることが武的身体の第一歩と言えるかも知れない。もちろん身体操法自体が目的ではないが。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR