記事一覧

下半身を鍛える、ということ

現代武道、実用武術を問わず下半身の鍛練は大切だ。ちょっと組みつかれただけで簡単にくだけてしまうような腰ではいくら高度な術理を唱えても使い物にはならないだろう。

ただ、普通の体力、体格の空手家がスクワットなどで少々下半身を鍛えたところで本格的に相撲、柔道を修行したものに組みつかれては簡単に倒されてしまうだろう。相手のパワーを受け止めるというより吸収するような足腰の強さが求められる。

指導者によってはより負荷の高いバーベルスクワットで鍛えるという選択肢を推奨するケースもある。重いバーベルをかついで足腰を鍛えるのは筋力増大には効果が高いが弊害も考慮せねばならない。古流で戒められる「居つき」を日常化してしまう懸念があるのだ。常に足に力を入れ踏ん張るため、下半身の力を抜くことができなくなってしまう。

古流と並行して競技武道を稽古する場合、ある程度力まかせに押したり組んだりすることへの対処が必要になることはやむを得ない。その場合でもサンチンのように下半身をゆっくり動かし、練り上げる稽古を平行して行い、踏ん張り癖、居つき癖をつけないことが肝心だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR