記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

型「パッサイ」 - 上げ受けの考察

型「パッサイ」には最初の段階で猫足立ちや四股立ちから 右上げ受け → 左鉤突き上げ(アッパーのような打ち方)をする動作がある。右受け→左突きの動作は三回続けて行う。


猫足立ちで上段上げ受け猫足立ちで上段上げ受け

拳を下から上に上げ打つ猫足で一歩移動し、下から上に小さく拳を突き上げる



パッサイは組手に役立つ技法が隠されていると教わった。するとこの動作に疑問が生じる。なぜ右利きが多いのに右手で受けて左手で突くのだろう?左利き用の型か?否、蹴り技は右足のみを稽古する。

さらに言えば上段上げ受けという技術自体が実用技とは言い難い。顔面への突き技を跳ね上げて受けるほど余裕があるのならもっと自然によけ、右手は相手にパンチを打ち込むために使ったほうがよい。ちなみに大学のフルコン空手では上段受けは回し蹴りの防御に用いると教わった。確かに「受け技」として考えればそのほうがまだ使い道がある。

この上げ受け(に見える動作)を稽古する際には腕を上げることもさることながら上げた腕を下げるときにも気を抜かないこと、受け技の稽古ではなく右手を大きく振る動作を繰り返すことで利き腕の突き技を鍛練することを意図している、という解釈はできないだろうか。そうすれば左手の上げ突き(に見える動作)が小さいことも納得がゆく。夫婦手として右手の攻撃を補助し相手の攻撃を防ぐのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
58位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。