記事一覧

術理が理解できてからが稽古

本日の指導は比較的古参会員が多かったので応用型(パッサイ、セイサン)を中心に稽古。私の教わった流派では基本の術理はほぼサンチン、ナイハンチで説明されているので応用型といっても技の発動形態が少し異なるだけ、術理は特に難しいものではない。

本日参加の会員諸君も自由組手ではかなり術理に添った技が出せるようになってきている。ただし、相手のレベルが高くないという前提条件付き。鍛えた相手、あるいは闘争本能が強い相手はこちらに都合よく動いてくれないのだ。

術理を覚えることが目的となる流派、道場もあるようだが武術修行なら術理は覚えて当たり前であり、その次の段階では覚えた術理をよりレベルの高い相手、鍛えた相手、闘争本能の強い相手にも掛けられるように術を磨かねばならない。

ある程度術理を覚えれば約束組手では素人に「おおっ!」と言わせるような技術を示すことができる。しかしそれだけでは武術パフォーマンスにすぎない。術理を理解してからが真の稽古だ。自由に動く強者相手に術理にかなった技をかけることは難しい。難しいから日々稽古する。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもご指導ありがとうございます。
術理を覚えただけになってしまわぬよう頑張って
いきたいと思います。

しかし武術パフォーマンスは出来た時は純粋に
楽しく感じてしまうので注意しないといけないで
すね(苦笑)。

SS君もコメントありがとう。術理をかなり(頭で)理解しているSS君が出席する日は他の会員への指導がスムースにいくので助かっています。
武術パフォーマンス・・・確かに私も楽しい(笑)  キツイ思いをせずに達人モドキになれるんだから(爆)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR