記事一覧

裏拳脾臓打ち

「ダイナミック空手」より

極真系の流派の基本稽古に「脾臓打ち」がある。自分の横に立つ相手の脇腹に裏拳を打つものだ。試合で使える技術とは思えないので護身術的な解釈をされることが多い。



さて、実用護身術としてこの技術を解釈した場合、疑問はないだろうか。奇襲攻撃として「ハッ!?」とさせる程度の効果はあっても、ふぬけならともかく鍛えた相手に対し中段への短い裏拳でダメージを与えることは難しい。まして本当の実戦においては相手は着衣のケースがほとんどだ。スーツやジャンパーを着ている相手に中段裏拳打ちの効果は薄いだろう(あくまで私見、実戦例があれば紹介いただければ幸いです)。

大学時代のサバキ系フルコン流派では基本の脾臓打ちは肘を大きく上げ、やや打ちおろすような打ち方を稽古していた。上から下に体重を乗せて打ちおろすので極真式よりも威力が大きいと先輩は説明していた。

モーションを大きくすることで若干の威力の増大はある。しかし、逆に言えば相手に読まれやすく、奇襲技、護身術としての効果は薄くなる。また横に向かって伸ばした手に体重を乗せる、という術理は無理があるように思えたものだ。

この技術(というより動作)を有効な基本動作として解釈するには「横に立っている相手を攻撃する」という前提から外れてみてはどうだろうか?足刀などの特殊な技術を別にすれば相手が横にいるからといってこちらも横を向いたまま攻撃しなくてはならないという決まりはない。

この裏拳脾臓打ちを「大きく腕をまわして拳を振り下ろす」打ち方に変えたのは芦原英幸先生だという。芦原先生は中国拳法も深く研究されていたという説もある。超実戦派として知られた芦原先生のこと、脾臓打ちも小手先の技でなく大きく背中を効かせた中国武術式の腕の振りをマスターするための基本稽古に改変されたのではないだろうか?少なくとも「サイドに立つ相手を攻撃する」という解釈よりは合理的と思うが・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。そうたろうです。

脾臓打ち、懐かしいです(笑)。

僕も意味がわからずに、基本稽古で、
力いっぱい気合を入れて元気に稽古していました。

手刀で正面から回すように打ち下ろす「手刀脾臓打ち」というのもありましたよ。

誰も疑問を持っていなかったと思います。

フルコン空手では、基本稽古は準備体操でしたから。

道場の雰囲気が、「盗んで覚えろ、真似て覚えろ」でしたから、
質問なんて怖くてできなかったです。

フルコン空手の基本稽古には、意味不明の技術、もっといろいろあると思います。

フルコン空手の基本稽古は、本当に基本なんでしょうか?

ずいぶんとおかしな稽古をせっせとやっていたものだと思います。

また、おじゃまさせてください。ありがとうございました。

そうたろうさん、コメントありがとうございます。

大学時代のフルコン空手クラブは本家ともいうべき極真会館への対抗意識が強く、「極真の基本は時代遅れ、自分たちの基本稽古が合理的」という発言をする先輩が少なからずいました。もちろん「基本は大事だ、しっかりやれ!」
と指導されました。不思議なことに「ウチの基本は合理的」と発言した同じ先輩が「基本は基本にすぎない、組手の役にはたいして立たない」とも矛盾した発言もしていました。

極真空手、あるいは極真系の経験者でキック系(新空手やムエタイなど)や総合格闘技に転向した人は相当いるはずですが、転向した人たちのほとんどは空手式の基本稽古を稽古していないように思います。

私も沖縄空手に転向してからはフルコン時代の稽古は行わず、脾臓打ちに至っては稽古したことすら忘れてしまったような感じでした。最近になって、力を抜いて腕の振りを稽古していたところ「あれ?芦原カラテ式の大きく円を描く脾臓打ちってひょっとしてこういった力の使い方を示していたのでは?」と感じたことが今回の記事の発端です。

コメントいただきありがとうございました。またツイッターともどもよろしくお願いします。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR