記事一覧

肩の力を抜け!という指導と拳立て伏せ

名著「太極拳の科学」に「鉄牛耕地(腕立て伏せ)は絶対にしてはならない。勁力を妨げる最たる運動だ」と書かれていた。「中国武術 秘伝必殺鉄砂掌」でも勁力を高める運動として指立て伏せに似た運動が紹介されてはいるものの二頭筋、大胸筋を鍛える通常の腕立てとは異なっており、むしろ通常の指立て伏せについては「相手を打つための練功にはならない」と紹介されていた。

PB040200-2.jpg
秘伝必殺鉄砂掌 より



学生時代この文章を読んだときにはかなり考えたものだ。フルコン空手と拳立て伏せは相撲の四股のように切っても切れない運動だった。フルコンは私程度の体力では社会人になって続けるのは難しい、伝統武術に転向したときに今行っている運動は無駄になるのかな・・・と。

さて、空手諸流派でも初心者の突きの指導での定番と言っていい科白が
「肩の力を抜け!」
「突きは押しとは違うぞ!」
といったものである。私も学生時代、フルコン空手をはじめたときに毎日のように聞かされた。

ここで矛盾はないだろうか?腕立て伏せ(拳立て伏せ)は肩に力を入れる運動である。肩や肘、胸の力で地面を押す運動ともいえる。肩に力を入れるなと指導する一方で肩に力を入れるトレーニングを行っているわけである。

拳立て伏せを一概に否定はできない。ある程度「がっしりした」身体を創るのは古流でも必要であるし、顔面なしフルコン空手なら胸を叩かれないことはまずありえないのでぶ厚い大胸筋は有利だろう。ただ、単調な拳立て伏せをヤミクモにこなすこととパンチ力増大との相関関係について説得力のある説明を聞いたことはない。

拳立て伏せの効果が大きいのは入門時極端に虚弱な人か、あるいはもともと腕力が強く、骨格が頑丈で少々無理な鍛え方をしても身体が変形しない人のように感じている。周囲でも拳立て伏せのやりすぎで肩や首を変形させてしまった例は多い。

現在私の教室では拳立て伏せは通常のメニューには取り入れていない。力を抜いて行う方式の腕立て伏せを沖縄空手の先生に教わったことがあるので希望者のみに指導する程度だ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

肩に力が入るケース(Kの場合)

がいぱ(すいません、昨日漢字を聞いたのですが、忘れてしまいました。。)で5kgの重りを握るだけって言われても何をどうすれば良いかわからないKです。
自分も肩に力が入っていると言われます。ただ、最近腕立てはあまりしていませんので、ほかの原因(仮説)を考えてちょっと検証中です。。
自分を観察すると、右肩に力を入れている時間が長いのは主に3つの動作のようです。
1.会社でPCに向かっている時間が長いが、その際にタッチパット上で右手の指を浮かせている時に右肩前方の筋肉が緊張している。多分1日トータル3時間くらい?
2.通勤時間が1時間ちょっとあり、その際に右肩にバックを肩掛けしている時に、肩を常時窄めてる。電車以外なので40分×2=80分くらい。
3.本を読むときに右手主体で本を支えているが、その際に常に肩を窄めてる。1日平均すると1時間くらい。
先週くらいからちょっと対策してみてます。
1.とりあえず必要な時だけ、左手を使用するようにしてみた。でも気が付けば何もしていないのに右肩(胸と肩の付け根あたり)が緊張しているのに気が付く。
2.肩掛けやめて、手で下げて、カバンの重みでストレッチ状態にしてみた。右手で持つと普通に歩けるが、左手で持つとズボンに擦れるので、歩くとき体が傾いているのかも知れない。
3.本は両手でサンチンの要領で持ってみた。今のところ直ぐ疲れるので5分くらいが限度。
これらが自分の肩の力を抜く補助になれば良いのですが。。。

K君、コメントありがとう。
腕の重さについては今の段階でそれほど気にする必要はないです。まだ入会一月半、今の段階では腑抜けでもいいのでとにかく肩の力を抜くこと。
自分でも気づいているように肩に故障があると力を抜くのは難しい、というより「コった」状態が普通になっているのでまずはゆるめること。
今回書いてきているような内容はいいトレーニングと思います。あと案外有効なのが机に向かったときにただ腕を机の上におくこと(掌を上向きと下向きと二通り)。その状態でとにかく肩の力を抜いてみるといいでしょう。
着実に進歩しています。頑張ってください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR