記事一覧

拳をしっかり握る、ということ

日曜の稽古にはフルコン空手経験者が体験参加。「基本が大事だからやれ、と指導されていたのですが何がどう大事なのか指導を受けたことはありません。ブログを読んでこちらなら説明していただけそうなので参加しました」ということだった。確かに拳の握り方一つでも我流に近かった。説明の一つ一つが印象に残ったようで充実した体験参加となったようだ。

さて、マンガなどで「空手はボクシングなどと違い素手の拳を鍛えるので手の怪我をしにくい」などといった表現をされることがある。もちろん部位鍛練などの結果砲丸のような拳をされている方も確かにおられる。しかし、初段程度の空手家では案外拳をしっかり握れない、というケースも少なくない。私もフルコン時代は指の怪我は日常茶飯でいまだに左右の指の形の違いが残っている。

フルコン空手では拳の怪我は職業病といっていい。強打するたびに親指の付け根などを痛め、治った時期にまた組手をしたとたんまた指を痛めしばらく組手を休む、といったローテーションになっている人もいると聞く。学生ならまだいいだろうが整体師や楽器演奏者など、指を頻繁に使う仕事についている人にとっては致命傷となることもあるだろう。

沖縄空手をはじめた当初、先生にあまい握りを指摘され何度も指関節をきめられた。指立て伏せをしても拳の締めはたいして強くならなかったがハラからの呼吸、動作と拳の握りが一致するようになってからはかなり拳が締まるようになった。もちろん今でも拳を痛めることは皆無ではないが入会してくるフルコン出身者に拳の握りを指導できる程度には締まっている。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもご指導ありがとうございます。
自分のブログにも書きましたが、確かに型を中心に稽古している
事で指、その他の部位が強くなってきました。
締めるべき所は締め、緩めるべき所は緩める事と、ハラで指先の
感覚が鋭敏になってくることで自然と鍛えられているのだと思いま
す。

古の達人はこれプラス部位鍛錬をやっていたかもしれないので化
物みたいな強さが身に付いたのかもしれませんね。

Re: タイトルなし

SS君、コメントありがとう。
指摘のとおり、機械のように指の力だけ鍛えても少し力の方向が変わったり、ちょっとトレーニングから遠ざかったりすると無理に鍛えた力は簡単に落ちてしまうんだな。
指だけでなくハラをはじめその他の部位からの集中と意識を鍛えることでいつの間にか指が強くなってくるんですね、天才的な人は教わらなくとも意識を集中させることができるのかも知れない。

最近は新入会員に術理を説くのにSS君のほうが上手く説明できているみたいだなぁ(笑)

本日もご指導ありがとうございました。
説明は全部先生の受け売りです。
お恥ずかしい(苦笑)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR