記事一覧

フルコン空手の型審査

以前のブログで紹介したフルコン空手経験者のY君はその後入会。小柄で多忙な身であるが熱心さがみられるので今後に期待している。

さて、Y君、当会に興味を持った理由の一つに「フルコン空手やってたとき型はほとんど稽古しませんでした。空手と名のつくものをやって型も満足に知らないとはずかしい思いがしたものですから・・・」ということがあるという。

私がフルコン空手をしていた時代は型に興味を示すものは変人扱いされたものだ。時代は変わる。

当時、昇級、昇段審査で型は一応行ったが本番では「忘れました」と言えばさりげなく先輩が前で見本を示し、なんとか順番をフォローすれば型は全員合格だった。あるときの審査では先輩たちは列の半分づつが見事に正反対の動作をしていた。前に立つ者の動作を皆真似るので列の最前が間違えると後の列も全員間違えるのだ。

以下、このブログを愛読されるフルコン空手の現役選手に空バカ世代の老婆心。

「こんな型があるんだ」ということを教養として知っておくのは空手人として悪くない。しかし型が大事なんだ、と本気で思っているのならば型「で」稽古できるレベルまで型を追求する必要がある。もしそれを具体的に示してくれる指導者が近くにいないのであれば型は審査前に順番を復習する程度にしたほうが無難。型に費やす時間は組手や体力運動、サンドバックなどに使ったほうがいいのでは?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
68位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR