記事一覧

2006年10月15日

今日はいつもの稽古場が予約できなかったので屋外での稽古となった(参加生徒3名)。本日の大阪は快晴!
さて、屋外での稽古のため型と当身技、戦闘法中心の稽古とした。S君、先週かなり肩の使い方を教えたせいか腕の力がかなり自然に抜けるようになってきた。ところが先々週教えた腰周りの姿勢がまたもとどおりになっている。現在格闘技を長くした人ほど「腕は腕、腰は腰、足は足」と別々の使用法、鍛錬法があるかのように考えてしまうことが多い。
自由組手も当然屋外で。今日は試みとして運動靴のまま自由組手を行う。軽く膝を蹴られただけでかなり効いていた様子。現実を考えた場合靴を履いたままでの戦闘を念頭に入れないわけにはいかない、今後も機会あれば年に1−2回は靴をはいたままの自由組手もいいかも。怪我には留意する必要があるが。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR