記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体創り

5日の稽古は古参会員のSS君と今年入会の会員2名、計3名が出席。稽古時間のうち体操的な身体創り運動に約1時間、サンチンで約45分と休憩時間も含めればここまでで2時間半の稽古の2時間を消化。

当会の型は不変だが稽古内容、時間の配分は出席者によってかなり変化する。これは当然のことだろう。初心者も古参も同じ内容の稽古を何年も繰り返してはマンネリ化でモチベーションが低下するのは当然だ。


身体創り、というタイトルだが当会の身体創りは通常の道場で行う筋トレやラジオ体操的なストレッチではない。武的な姿勢を創るための補助運動である。

姿勢をまっすぐにする運動、身体の重みを常に下に向かわせる運動、腕の柔らかさを出す運動、ハラの強化、握る力(一般的な握力、とは異なる)の強化など、そのまま型や組手に直結する身体の創り方を稽古に取り入れている。直接武的身体と関係のないバルクアップ運動やストレッチで限られた稽古時間は消費できない。

動作自体は単純なものだがスポーツ的な身体の創り方と異なるため最初は多くの入門者が戸惑う。しかし、2ヶ月くらいのキャリアを積めば徐々に身体の感覚が変わってくる。

もちろん型の稽古でも身体はできてくるし、また、できなければならない。しかし、初心者の場合自分が型を正しく行えているかどうかを自身でチェックするのは難しい。型よりも容易に稽古できる体操的な運動も当会ではとりいれ、入会後間もないものにはこちらに費やす時間は比較的長い。

もちろん型も体操も目的ではない。まずは身体を創る、そして身体ができればあとは組手や打撃力の強化に時間を費やす必要がある。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。