記事一覧

稽古雑感(5月26日) - 東京稽古会初指導

26日(日曜)午前の稽古は参加予定者は古参会員ばかり。少しハードな稽古プログラムを予定していたが指導助手のSS君は事故で足を負傷、小柄ながらハードパンチャーのE君も体調不良。結果的に通常よりセーブした稽古内容となった。

元気者のE君だがこの日はまったく右手に力が入らない。稽古途中でいよいよ嘔吐しそうな雰囲気となったので稽古を中断、足の血行循環促進といくつかのツボマッサージ、少し体調が戻ったところで補助を入れ矯正しながらサンチンを行わせ、また少し休憩。10分ほどの休憩で見違えるほど体調が回復し、腕もしっかりしまった拳が復活。型の力で全身の細胞が活性化して健康増進!というのもありえなくもないもんなんだな、と感じた。

午前の稽古を終え、駆け足で昼食ののち東京稽古会での初指導のため新幹線で東京まで。

もより駅の武蔵小杉に着くと東京稽古会リーダーのO君が出迎え。まだ日の浅い会員たちには初歩レベルの稽古(力の抜き方)を中心に指導。ただのフヌケと脱力との違いは理解してもらえただろうか。他流経験者ということで力は強いが「固める」強さのため方向が変わると急激に身体、腕がもろくなる。まずは型を正しく行うことで身体の中心からの力を意識すること。東京稽古会の新入会員諸氏はO君や今年から東京転勤となったU君の力と身体の使い方をしっかり学習してもらいたい。最初は戸惑いも多いだろうが先輩会員たちも言うように20回くらいの出席でかなり私や先輩会員達の指導内容が理解できてくるはずだ。

夜は川崎で懇親会。やはり稽古で腕を合わせたあとだとコミュニケーションもとりやすい。終電ぎりぎりまで楽しい宴会となった。指導上手のO君のもと東京稽古会が発展し、本会にも刺激を与えてくれることを期待している。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

先日は東京でのご指導有難うございました。

私自身の指導力不足を感じていたので得るものも大きかったです。
普段、私が伝えきれていなかった部分が多々ありますが、
今回の稽古を通して東京メンバーも実体験できたと思います。

今後ともご指導いただけますよう、よろしくお願いします。

先日はお疲れ様。多忙な仕事の傍ら稽古場の確保からレベルに差のある新入会員の指導はたいへんでしょうが頑張ってください。O原君は同程度のキャリア時の私と比べたら格段に上達の進度は早い。会員達にもよい見本を示せると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR