記事一覧

手直しよりも抜本的な修繕を

機械部品や電子部品などを取り扱う仕事をされている方なら手直し、追加工と言った言葉にはなじみがあると思う。一度製造した部品がラインに並ぶ前に不具合が見つかり応急措置で加工をやり直すものだ。もちろん通常のラインから問題なく生産、ライン投入された場合に比べて大幅なコストアップだ。

新入会員のK君は合気道、中国武術を十数年経験したのち当会入会。入会当初は下半身こそ少ししっかりしていたものの打撃や関節技は素人同然だった。しかし2ヶ月を経た今日ではかなり身体の精度も上がっており、時折「ズン」という思い打撃も打てるようになっている(あわてるとまた以前の軽いパンチにもどってしまうが)。

さてK君、突き手の出し方が右手と左手で異なっている。右手は力の有る分、以前の流派でおかしな癖がついているのか肩がおかしな動きをして遠回りした打ち方になっている。

「以前の道場で指導を受けなかったのか?」との問いに
「力を抜いてまっすぐ突け、と指導されました」とK君。

その指導自体は間違いではない。しかし、その根本である肩の関節のゆがみや筋肉のコリをそのままにして結果だけまっすぐ突くのはそれほど簡単ではない。特に成長の終わった年齢になるとゆがみ、コリがかなり固定されているケースが多い。指導する側が補助をつけ、リハビリ的な期間をもたないと「手本通りに突け」と言うだけでは手本どおりに身体が動かないのだ。

このK君、電子部品の工場を自営している。身体から生み出す技が部品とするなら身体は部品の製造装置だ。かなり感がよくなっているK君、以下の言葉でピンと来たようだ。

「不具合出た時に部品の手直しするやろ、あくまでそれは応急措置。なんぼ手直ししても製造装置の調整を間違えとったら永遠に手直しや。少々時間はかかってもラインをとめて製造装置をしっかりメインテナンスしといたほうが結果的に効率ええやろ。人間の身体も同じや!」









関連記事
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様です。
本日の稽古ありがとうございました。

「力を抜け」と言う指導は大体どこの道場でも
指導していますね。

しかし指導者が力の抜き方を知らない、若しく
は指導出来ない所に問題があるのだなと思い
ます。

SS君、コメントありがとう。

力を抜け、という指導は実際多くの道場で行われていると思う。ではなぜ「力を抜」じかなければならいかというと指導者自身もわかっていないことが多いんだな。

無駄な力を入れないのはどのスポーツでも普通に行っている。野球やテニスだって腕に無駄な力は入っていない。

どうして無駄な力を抜きながら威力を出せるか、を示す必要が指導者にはあると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR