記事一覧

自由組手と四方投げ

合気道の代表的な技法に「四方投げ」がある。



相手の腕をほぼ完全に極めた状態で投げるので決まれば小兵でも大男を投げることが可能だ。塩田剛三先生の自伝にはこの技で相手を投げ飛ばし、その際に相手の腕まで折ったという武勇伝が紹介されている。

さて、合気道の乱取り試合を見たことがあるが四方投げで相手を綺麗に投げた選手はいなかった。きまれば効果の高い四方投げだが素人ならともかく有る程度鍛えた相手を立ったまま肩関節まで極めることは困難だ。足を大きく踏み替えたり、背中を見せるような動作も乱闘の際に有効とは思えず、長く私の中では「実用性の低い技」という認識でいた。

認識が改まったのはつい先日のI先生の組手指導である。ぐんぐん前進してくるI先生の技に対し、つい手首を抑えたり、掴んだりするような動作をとってしまう(さもないと近距離から掌打が顔にとんでくる)。いわば盛り場の取っ組み合いのような状況で現実におこりうる状態だ。そこからI先生は特に足を踏み替えるわけでもなく、強引にこちらの腕を持ち上げるわけでもなく「すっ」と腰をおろせばもうこちらの肩がきまっている。もちろん背中や後頭部を相手にさらすようなこともない。

例は悪いが日本人どうしで乱闘となれば多くのケースは取っ組み合いだ。柔道技も有効だがやはり体格の問題も大きい。意外に四方投げは乱闘の際に使える技では?と感じたものだ。もちろん習熟することが必要だが・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR