記事一覧

合気道の基本技 - 手刀打ち考察

一般的な合気道の稽古は「手首を握られた状態からの技」「手刀で打たれた状態からの技」を稽古することが多いと聞く。手首を握られた状態については以前の記事でも考察したので参照されたい。



さて、手刀に対する技術については長く疑問があった。多くの古流柔術でも手刀に対して反撃する型はあるが頻度は多くない。反撃、という表現は適切ではないかもしれない。型や約束稽古がそのまま実戦技術でないことは何度もこのブログでも述べているしインスタントに使えないからといって否定はできない。

ただ、合気道については手刀の頻度がいささか過多なようにも感じるし、自由組手、乱取りをする流派(富木流、合気道SAなど)でもスパーリングで手刀を多用しているようには思えないし、手刀を多用する武術、格闘技はプロレス程度のものだろう。

日本刀に対する技術の基本稽古という意見もある。しかし日本刀とまではいかずとも長い刀(竹刀、木刀を含め)をさばくには相当高度な技量が必要であるし、武器に対する技法を取得させるなら早い段階で武器に対する感覚を覚えさせなければ稽古するほど間違った間合を覚える懸念もある。

実際、単発でかまわないので「思い切り」手刀を打ちこまれた場合、初段程度の修行者ではその腕を巻きこんだのちに入り身投げや四方投げに連絡することはまず不可能ではないだろうか(当て身を使って反撃する技法なら可能かも知れない)。当会会員のK君(合気道二段)にも聞いてみたが「審査では一応合格しましたがかなり相手に協力してもらったと思います」とのことだった。

植芝盛平先生には剣道高段者が本気で打ち込む木刀を軽くさばいたという逸話がある。手刀技を稽古で多用されていたとするならば木刀(あるいは真剣)を十分にさばける実力があるか、少なくとも刀術にも十分長じた先生方がたまたま場所や用具の関係で木刀の代用としての手刀で稽古された、ということではないか。

つまり手刀技を稽古のメインとするには剣術、もしくは剣に対するさばきが十分こなせるだけの技量をもっていることが大前提ではなかったろうか?

門外漢からの考察につき、異論歓迎です。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

まず、簡単に。
受けがする手刀ですが、空手の型と同じようなものです。
合気道をする上での身体の動き、動作、筋肉などを鍛えるものです。
(木刀の素振りと同じです)
つまり、受けとは攻撃しているわけではありません。
そちらの合気道の2段という方も解かっていないと思います。
取りと、受け、対人で技の稽古をしますが、いわゆる他武道の組手とは違うものです。
仮想敵ではないのです。
それが解かっていないと、何段であろうと合気道をしているとは言えないです。
しかし、指導者により正しく教えられていない所もあるようです。
それは、現在、どの武道も同じです。
仮に指導者に恵まれなくても武道は己で掴むものと思います。

No title

古田さん、コメントありがとうございます。

いただいた文章だけで内容がうまく想像できず申し訳ないのですが

1)古田さんが稽古されている合気道では手刀は鍛錬のための基本技ということですか?

2)手刀が鍛錬のためのものだとすると古田さんの道場では一人稽古で手刀の素振りなども取り入れられているのでしょうか?

合気道に入門したことはないのですが周囲の経験者(合気会その他メジャーな会派)の話を聞くかぎり「手刀で鍛錬」といった解釈を聞いたことがありません。系統による違いがあれば興味深いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR