記事一覧

稽古雑感 - 年の瀬

昨日は当会の稽古納め。1年が過ぎるのは早いものだ。

以前にも書いたことがあるが沖縄空手の道場に通っていたころ毎年のように年末になると「今年も先生のような技ができなかった・・・」と嘆いて道場から帰っていたものだ。

とくに古流の道場では出席頻度が必ずしも上達と比例しない道場が少なくない。もちろん素質や年齢に差がある以上、誰もが均等に上達しないのは当然だが型の順序を知っていること以外まったく先輩と後輩の差がないというのは考えものだろう。「なんのために通っているのかわからない」状態のまま「今年こそ、今年こそはと○十年」と弟子を昔の阪神ファンのような状態にしている道場は少なくないと思う。

通常のスポーツ格闘技とは身体の使い方、術理が違うため、ただヤミクモに稽古すれば上達するというものでもないのだが、それなら術理を示してやればよい。週1-2回の道場通いなら3年も稽古すれば普通に上達のための道しるべ、術理は掴めてくるはずだ(自主連を欠かさないことが前提)。

今年は新入会員が多かった。自画自賛になるが当会ではすべての会員が出席頻度に応じ上達している(もちろん速度に差はあるが)。新入会員諸氏自身の努力もあるが古参会員達が術理を理解し、新入会員にわかりやすいかたちで説明できるようになっていることも会のレベル向上に貢献してくれている。

今年の入会者中では出席回数トップのK君、現在50回弱の出席回数だ。合気道や中国武術の経験があるとは言え入会時はまったく素人同然の身体の使い方だったがほぼ毎週欠かさず稽古に参加し、今年の後半からはぐんぐん上達の速度が加速している。サンチンの型だけならほぼ私が通っていた道場の2段程度のレベルだろう。来年は自由組手の頻度も増やし、一層の飛躍を期待している。

来年が良い年となりますように。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもご指導ありがとうございます。
入会したての頃は何をやってるのかまったくわかりませんでしたが、最近はようやく少しずつではありますがわかってきたように思います(体は動きませんが、、)。
痛感したのは脱力の難しさと身体の歪みです。少しずつでも上達できるよう頑張っていきたいと思います。
来年もご指導よろしくお願いします。

いつもご指導ありがとうございます。
本年もありがとうございました。
最近は指導補助もさせて頂きありがたい事だなと
思っています。中割れなんかは補助をするようになっ
てから却って上手く出来る様になった感じです。
来年もまた新たな発見、気づきがあるように稽古に励
んでいきたいと思います。

来年もご指導宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR