記事一覧

姿勢の矯正 - 言葉だけでなく感覚を大切に

当会では最初に型を指導する。沖縄空手を標榜する以上型の重視は当然だろう。

まずは型の順序を教える、次に型を通じて姿勢を教える。

「正しい姿勢をとれ」と指導しただけで正しい姿勢をとれるのならば道場に来る必要はない。家で空いた時間にYOUTUBEやDVDを見ていればよい。

当会では私や会員どうしで相手の身体に手をあてて指導、型の補助を行う。不要な部分に力が入っていないか、動作が遠回りしていないかといった悪癖を確認、矯正する。もちろん指導という意味もあるのだが相手の身体に手をあてることで同様の欠点は自分にないかも同時に確認する。自分の癖を確認するのは難しいが他人の癖を確認することが自身の指摘される癖を再確認、矯正する手助けにもなる。

今年も一層の稽古内容を充実させよう。

IMG_0568[1]稽古はじめの一コマ。会員どうしでサンチンを確認。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1068位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
68位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR