記事一覧

2007年4月15日(日)番外編

夜、以前所属していた道場の後輩X君の稽古会にゲスト参加させてもらった。考えてみれば彼との稽古は二年半ぶりくらいではないか、月日の立つのは早いものだ。
稽古は和気藹々とした雰囲気で型と移動稽古、ミット打ちなどが中心のようだ。私の稽古会ではミット打ちや並んで号令かけての移動稽古はほとんど行わない。同じ幹から別れた稽古会でも雰囲気はかなり変わってしまう。X君の稽古会のほうがむしろ私が以前所属していた道場に近い内容だろう。
X君は投げ技の約束組手が上手く、道場時代はよく先生に指名されて皆に見本を示していたものだ。投げ技は昔よりも上手さをましており、指導を受けている側にも伝わっているようだった。受け技からの投げ技稽古において、X君の受け手(右利きなら左手)の使い方は私としても勉強になった。柔らかい投げ技が苦手の私としてはいい研究課題をもらったものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR