記事一覧

片手持ち四方投げ

片手持ち四方投げがマイブーム。

以前にも記したが合気道の代表的な技法だ。技自体は合気道5級程度の方でもご存じだと思う。

さて、合気道の基本技だが合気道初段程度でも案外パワーのある素人に手首を握られた場合、上手にかけられる方は少ないのではないかと思う。当会には合気道の有段者も何名かいるが入会当初皆強引に相手の関節をひねるように技をかけていた。このやり方だと力のある相手には通用せず、逆に弱い相手は怪我をさせてしまう可能性が高い。

初段程度の技量でこの技(約束稽古である)を失敗するケースの多くが相手の腕を持ち上げるときに力がぶつかってしまうというものだ。

無理に持ち上げたり、強引に相手の腕の下に潜り込むような動作は察知されやすい。持ち上げるのではなく、むしろ手首を持たれた自分の身体と一体に沈む感覚が大事なのでは?と感じている(あくまで主感)。つまり重心を落とす感覚を養うのに有効ということだ。単なるマニア化、武道のデパート化には注意する必要があるが身体創りに有効ならば稽古に取り入れることはためらわない。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR