記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我

南海(現ソフトバンク)の門田選手はアキレス腱を切った際、通常の打撃や守備の練習ができないためひたすらウエイトトレーニングを繰り返したところ上半身のパワーが向上し、結果それまで20本台だったホームランが40本台打てるようになり遅咲きの長距離打者、本塁打王となったという。

閑話休題、会員H君が足を怪我した。蹴り技稽古の際誤って小指側が相手に当たってしまい、骨にヒビが入ったとのこと。空手では一般的な怪我であるが防止できなかったのは指導する私の至らなさである。

さて、H君、「医者から完治1カ月と言われたので一月稽古を休みます」と連絡。私からは「歩行もできないレベルならともかく、日常生活には差しさわりない程度だね?座ったままでも稽古はできる。大阪まで出るのが難しければ自宅に近い京都稽古会で稽古は続けたほうがよい。最終的には君の判断だが」と連絡した。

重症なら別だが軽いけがなら「怪我したから稽古を休む」タイプと「怪我しても可能な稽古をさがす」タイプとでどちらが上達が早いかは容易に推察できるだろう。

H君、指示を守り、その週末は京都稽古会リーダーSS君とマンツーマンで座り稽古。体力的にはハンデのあるH君だが稽古熱心さで上達を続ければ稽古を続けてよかったと実感できる時がくるに違いない。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

Hです。いつもご指導頂きありがとうございます。
病院の診断結果を報告した際、怪我していても稽古は可能だと
ご自身の経験談を交えアドバイス下さった先生と、座り稽古の
ご指導を快く引き受けて下さったSSさんに感謝しております。

技術的にも体力的にも先輩方にまだまだついていけませんが
稽古に通うたび、僅かづつの前進を実感しております(亀の歩みですが)。
これからもご指導下さいます様、何卒宜しくお願いいたします。

H君、コメントありがとう。

初心の時期は特に稽古の出席回数を増やしたほうがいい。単なる体力アップのためではなく、折角覚えかけた武的動作を身体にしっかり覚えこませるため。

SS君は指導上手なので狭い場所、怪我をしている時の稽古方法についても参考となることが多かったと思います。あせりは禁物ですが早く怪我をなおして通常稽古ができるのを待ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。