記事一覧

初心者はとにかく出席

連休中の稽古では会員歴4年のF君が2か月ぶりに顔を見せた。

このF君、入会当初は毎週の稽古に欠かさず参加できていたのだが入会2年くらいから非常に多忙となり、月の半分以上を出張する日々となった。当然稽古も1-2カ月に1回程度の出席である。

幸いだったのは初心のころに欠かさず稽古参加のおかげである程度基本型(サンチン、ナイハンチ)の一人稽古ができるレベルとなっていたので出席日数の不足をを自身の稽古で補えるレベルになっていたこと。もちろんF君自身のセンスと努力もあるが。

稽古は欠かさず参加するにこしたことはない。しかし、今の日本では普通のサラリーマンでありながら長期間定期的に参加できる環境にある方のほうがまれだろう。妥協と言えるかも知れないが少なくとも初心のうちは極力間を空けずに稽古に出席し、質の高い一人稽古を行えるレベルまで指導を受けることだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR