記事一覧

30代からの稽古 - 難しさはどこにある

今年はじめに入会した諸氏もサンチン、ナイハンチの順序は覚え、少しづつではあるが空手らしくなってきている。

サンチン、ナイハンチができれば次は応用型としてクーサンクーかセイサンを教えたいところであるが急がば廻れ、サンチン・ナイハンチでしっかり姿勢を創っておいたほうが応用型は意外なほど簡単に習得できるのだ。

クーサンクーやパッサイはサンチンなどに比べると型は長く、動きも複雑だ。初心者はその型の長さに難しさを感じてしまうのだが実際は順序など4、5回も出席すればマスターできる。まして今は流派の教科書やDVD、動画サイトなどでいくらでも型の順序を復習できる。身体を動かしながら覚えれば簡単なものである。

さて、型や約束組手の順序は短期間に覚えることが可能だが身体の癖は短期間に治らない。身体の歪み、動作の癖が技を殺してしまう。まして当会は比較的年齢層が高いため、腰や肩などが生活習慣や以前のスポーツの癖などで変形しているケースが多い。成長期の子供が素直に技を習得するのは成長のエネルギーが少々の身体の癖など自然に矯正してしまうためだ。逆に言えば年齢を経てからの武道習得の難しさは「技の邪魔をしない身体を創る」ことにあるとも言えよう。

身体の矯正・・・型の順序よりも、パワーやスピードの習得よりも難しい。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもご指導ありがとうございます。
確かに応用型は基本型がしっかり出来ていると
やりやすいと言うのが最近少しではありますが実
感出来てきました。

躰の癖は直すのに結構時間が掛かりますね。
自分に素直になると言うのがなかなか出来ない
です(苦笑)。

SS君、コメントありがとう。貴君も理屈はわかっても身体が思い通りに動かないことは体験していると思います。
いろいろな理由はありますがやはり身体の「癖」の問題は大きいですね。
私も理屈はわかっても身体が動かない、ぜんぜん至らないレベルです。これから年齢との競争かも知れません。
これからも稽古してゆきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR