記事一覧

顔面が空いとるぞ!

大学時代のフルコン空手では顔面ガードが強調されていた。伝統空手というよりボクシングやムエタイの構えに近い「組手の構え」でジャブ・ストレート・フックといった「パンチ」を繰り出す稽古を行うのであるがそのときに強調されたのがもう一方の手を顔面の高さに構えたままにすることだった。

正しい指導ではある。素手での戦いの場合顔面(特に目)への攻撃はもっとも警戒しなければならないし、スポーツ試合でも顔面への強打がきっかけとなって好守逆転するケースは多い。

ただフルコン空手(いわゆる極真ルール)では自由組手の際に顔面パンチの防御にまで気を使っていられないのも事実だ。「意識しろ!」と言われても実際に押し負ければ格好悪い。二本ある手はフルに攻撃に使ったほうがいい。

先輩で顔面ガードにうるさい人がいた。手が下がると「顔面が空いてるぞ!」と叫んで軽くパンチを顔面に当てるのだ。そのいっぽう、普通の組手でうっかり顔面に当ててしまうとローキックの嵐だった。

悪い人ではなかったがエキサイトしやすいタイプの先輩だった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR