記事一覧

型と投げ技の基本稽古

先週投げ技が得意の後輩X君がよいサンプルとなってくれたので少し稽古を投げ技中心にしてみた。稽古熱心なS君だが「投げなければ!」という気負いが先に立ち手が先行してしまなかなか相手が崩れない。

身体全体、さらには「型」そのもののが持つ力で相手に崩しをかけられるように稽古を進めなければならない(上手く表現できない、おそらく当会会員以外の読者は何のことかわからないだろう・・多謝)。手だけを強引に用いてもある程度足腰を鍛えた相手にはかからないものだ。

以前にも紹介したことがあるが当会の投げ技稽古は柔道や総合格闘技のそれと違い、主に相手が「死に体」となっていることの確認として約束組手の中での投げ技を重視する。したがって相手が倒れる、倒れないはそれほど重要でない。がっちり組んでの投げ技なら柔道、レスリング等の技のほうが有効だ。

相手の突きを受けた際に(1)まったく相手の手が健在 (2)相手の拳は死んでいる (3)相手の身体までが死に体になっている など取り、受け双方のレベルにおいてA君にはかかった投げがB君にかからない、といったことは当然ありうるのだ。万能の技や稽古などはありえない。型を繰り返すことにより、自然にこの間までできなかった技が知らぬ間に使えていた、という状態が正しい型の習得だ。そしてそれを体験することにより一層型の稽古に身が入ってくるようになるものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR