記事一覧

まっすぐの突きとサンチン

ストレートパンチで威力を出すのは難しい。

昔「フルコンタクトKARATE」誌上で読んだと記憶するが大気拳の岩間統正師範の体験談が語られていた。空手三段の相手と「なんでもありの組手」を行ったとき相手の出した攻撃はまったく素人そのものの大ぶりパンチだったという。また、東孝師範の名著「はみだし空手」にも「まっすぐな突きでは人間は倒れない」と書かれていた。実体験から来ることばだけに重みがある。

空手を稽古したほど人体に与えるパンチの威力が弱いケースがある。まっすぐのパンチを後天的に習得してしまっていることも一因かも知れない。素人の喧嘩が手を大きく振り回したドツキ合いになることが多いのはただ本能にまかせて戦っているだけであるが、案外本能のままの力任せパンチが威力を出すケースは少なくない。

私の習った流派(もちろん当会でも)もっとも多く稽古した型はサンチンだ。サンチンの攻撃技はほとんどがまっすぐの突きである。威力を出すのが難しい技をなぜ重点的に稽古させるのか?

ゆっくりサンチンの型どおりにまっすぐの突きを出す。ゆっくり正確に突きを出すことがなんと難しいことか・・・

まっすぐの突きを重点的に稽古する理由・・・ストレートの威力を高めることも確かに目的の一つだろう。しかし、それ以上に大事なことは難しいまっすぐの動きを身体に覚えさせることで動きの精度を高めることではないだろうか。基本技即実戦技とならない一例とも言える。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR