記事一覧

力を抜く稽古とキツイ稽古

古流を経験される方、特に現代武道を経て稽古されている方の多くは「力を抜け!」という指導に戸惑われるようだ。

多くの場合、パワーをつけるトレーニングを経験しているので力を抜こうとしても抜けない。ここは「こんな稽古で本当に大丈夫だろうか?」という疑問を捨て、力を抜くことに慣れてもらうしかない。

さて、健康法や武術パフォーマンスが目的なら脱力稽古だけでもかまわないが実用武術を考えた場合、次に「締める」稽古が必要になる。胸や二頭筋のような太くしやすい部分をバルクアップするのではない。身体のあらゆる部分を特殊繊維のように絞り上げ、「かためる」のである。

脱力稽古とかためる(鍛える)稽古を平行して行わねばならない。そして強さ(攻撃力)の度合いは脱力よりも鍛練の度合いによって左右されることがほとんどだ。

鍛える稽古はキツイ。しかし不可欠。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつもご指導ありがとうございます。
締める稽古は下手をすると力む稽古になりがち
なので難しいですね。

力を入れるのは難しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR