記事一覧

2006年10月22日

今日は3週間ぶりに本家とも言うべき尼崎体育館での稽古。参加メンバーは体験参加のN君を含め4名。最年長F氏のナイハンチがおどろくほど上達。約束組手では皆拍子抜けした感じで技をかけられている。ナイハンチは手の動きが多い型だが小手先の動きでは単なる踊り以下になってしまう。F氏は他の格闘技の経験がほとんどないせいと指を怪我したせいか上手く型が決まっていた。力みをとることの重要性を他のメンバーも認識したことと思う。
自由組手はS君がなかなかいい動きをみせていた。このS君、生真面目すぎるのか型はどうしても力みと弱みが抜け切れない(指導員をしている他流との掛け持ちのせいもあるかも知れない)が組手になると今日は自然に身体にまかせた組手が調子よかったようだ。打撃の破壊力がもっとアップすればこちらも簡単には前進できなくなってくるがそう遠い日ではあるまい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR