記事一覧

武術的蹴り技

このところ関節蹴りがマイブーム。

I 先生は自由組手で軽く膝関節に足裏や足刀を当てられる(安全のためあえて蹴りこまない)。それだけなのだが「本気で蹴りこまれたら膝靭帯が簡単に断裂するな」と感じずにはいられないものだ。堀辺正史氏の著書で紹介された「膝折り直さん」のリアル版である。

さてその稽古法だがダイナミックに蹴りこむわけでもなければ横から見ればとりたててスピーディなものでない。

関節蹴りに限らず金的蹴りなどにおいてもそうだ。しかし軽く足を振るだけで「この蹴りはヤバイ!」と感じるような蹴りである。スピードガンでの計測は遅くとも対峙する相手には異常なスピードに感じてしまうのだ。

沖縄空手の先生の先生(流派の創始者、故人)の蹴り技も同様だった。私は創始者先生に指導を受けた経験は数えるほどしかないのだがやはり蹴りは低く、軽く足を振っただけのような蹴りだった。当時すでにかなりのご高齢だったこともあり、技を見る目のなかった私は「お年だからダイナミックな蹴りができず、軽い蹴りなのかな」と思ったものだった。今見ることができればどのように感じるだろう。

武術的蹴り技はスポーツ的蹴り技の延長にはないのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR