記事一覧

まっすぐ中に入る

沖縄空手の道場では「腕受け逆突き」の約束組手をよく稽古した。
腕受けは極真会や日本空手協会で「内受け」と呼ばれるものに該当する。



違いは腰をふったり、身体をひねったりしないことだろうか。約束組手のパターンは

  相手の右手中段直突き 
→ 左足を一歩前に出して左手腕受け 
→ 相手の突きを受けると同時に右逆突き 

といった極めて単純なものだ(天の型、と呼んでいた)。前に出て受け技を出すことに流派の特徴がある、と先生は仰った。動作自体は極めて単純なので白帯の昇級審査からこの約束組手は審査項目に入っていた。

さて、動作が単純だから実技も簡単とは限らない。試してみるとわかるが素人ならいざしらず、有る程度空手経験のあるものから「本気で」中段を突きこまれた場合、腕受け(内受け)程度で防げるものではない。

受けが間に合わず引っかかってしまうか、単なる「よける(というより逃げる)」動きになるか、身体ごとふっとばされるかのいずれかとなるケースが大半である。もっとも審査のときは暗黙の了解というか、ある程度セーブした突きで相手の中心線よりかなり外側を突く。こうすればわずかに腰を落とすだけでも見てくれはそれなりにキマッているように見えるのだ。

約束組手と言えども本気で突きこんだ技を受けるのは難しい。実際のところ道場でも本当に腕受けができていたのは先生だけで他の稽古生は暗黙の了解のもと、セーブした技をかけあって稽古していたように思う。

まっすぐ前に出て相手の中に入る、実に単純な動きだ。だからこそ難しい。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR