記事一覧

2015年4月5日 東京稽古会

5日の夜は東京稽古回で約1年ぶりの指導。初対面のメンバーと会うのが毎回楽しみである。

私が以前の道場の後輩であるY君、1年前と比べるとかなり型がさまになってきている。型として観賞に堪えるようになるとかえって身体のゆがみが明確化されてくる。左右の足で膝の方向がずれており、サンチンで強制。全般的に上半身はまずまずだが下半身ができていない印象。重心を落とす稽古なども取り入れているのだが皆恰好にとらわれているのかもしれない。あせらず、じっくりと下半身を練ってほしい。

リーダーのO君はじめ皆多忙で参加人数が回ごとにばらつきあり、とのこと。スポーツトレーナーや実戦派の中国拳法経験者など、素材には恵まれているのでなんとか頑張って維持してほしいものだ。

IMG_1002[1]稽古のひとコマ。サンチンの分解より「中割れ」。リーダーO君が肘の位置を矯正。


*東京稽古会は原則として毎週水、日曜夜間、JR・東急 武蔵小杉駅より徒歩10分の公共施設にて行っています。興味を持たれた方はご連絡ください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
67位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR