記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一触

沖縄空手の道場を去ったのが10年前の夏だった。10年一昔、早いものだ。

先生の身内を別にすればもっとも多く先生に手をとって指導いただいたのは私だろう。先生は昔から丁寧な説明をされる方ではなかったが身体で技を受ければ「あ、これは自分が今までやってきたスポーツの感触とは違うな」という記憶が身体に残った。鈍才の私は身体の感覚だけではなく、その他理論的な説明、指導が必要だったが天才なら先生の技を何度も身体で受けることで自然に術理を会得できたかもしれない。

先生は今でも変わらず活躍されている。先生の道場から当会に移ったものもいるが残念なのは最近は実際に身体で先生の技を受ける機会がほとんどなく、多人数で初心者どうし技のかけあいを行う稽古ばかりになっているとのことだ。これでは仮に天才であっても技術を習得するのは難しいのではないかと思う。

私が道場を去った理由のなかの大きなものは「この稽古を続けても先生に近づくことはできない」と感じたことだった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。