記事一覧

投げられて上達する!?

あるとき「サンチンで内面を練りたい」と尋ねてきた方がいた。内面の技かどうかは別にして、まずは空手の力の通り方を確認してもらおうと軽く手を当てた状態から胸を一撃。数メートルたたらを踏んで道場の壁に激突する見学者氏!
何も知らない人からは私が天下の達人に見えたことだろう。

いくら鍛えていない相手とはいえこれほど吹っ飛ぶのは怪しい。聞いてみるとかの高名なXX式呼吸法の経験者だという。なんでも練習を重ねるうちに軽く押される程度でも吹っ飛ぶのが快感(?)になるとのこと。

乱暴な話だが武道の稽古であるなら「相手を倒せる」ようになる、少なくともそれに近づかないことには意味はない。何年経っても飛ばされたり、転がされたりしてヘラヘラできるようでは上達はおぼつかない。

不思議なもので武道を志しているにもかかわらず相手を倒すより倒されるほうが好き(?)な方もおられるようだ。否、そのように教育されていく、と言えばよいか。見学者氏も特に呼吸法のご利益があったわけではないが何となく飛ばされるのが快感になり、同種の武道や気功法などを探しているという。

少なくとも当会には適性がないことは理解いただいたようなので私がよく知る別の道場を紹介しておいた(笑)










関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
39位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR