記事一覧

稽古納め

先週末で当会は本年の稽古納め。

土曜日(27日)は2名の参加者。うち1名は初級から中級への脱皮を期待していることもあり、後半の稽古では組手の矯正を行った。「叩いて、休んで、また叩いて・・・」といった戦い方では体力のあるものにいつか打ち負けしてしまう。最初に前進し、身体を密着させればひたすら攻撃し続ける戦い方を指導。 まだまだスポーツ的な手の使い方が抜けきれないが今少し足腰が安定し、かつ腕の使い方が柔軟になれば来年は一層の進歩が望めるだろう。

現在一番キャリアの浅いO君にはもともと通っていた古流柔術の動きを確認。腕の逆をとるのにまず関節のゆるみをとる、という基本的なことが理解できていない。相手は無抵抗でかけさせてくれるのだから落ち着いて相手の逆がきまりやすい方向に「つくり」をかければいいのだ。約束稽古で決まらない技が自由組手で使えるわけがない。

日曜日は型の原理が一通りわかっている会員たちばかりだったので型で苦手な動作を矯正。一例をあげればパッサイのかわし受けの際に不要な身体のねじりを入れてしまう。パートナーが腰、背中に手をあて、一回一回を丁寧に行うことで姿勢の矯正を行う。通常の稽古で行わねばならないのだが日ごろの稽古ではなかなか古参会員の指導まで時間がまわらない。

古参会員のS君、型をあわてると未だに肩甲骨がゆるみ、胴の力を相手に伝えられないばかりか相手の動作を呼び込んでしまう(相手に前進させてしまうる)。基本に帰って矯正を行う。わずかな身体の継ぎ目のゆるみが威力を大幅に減衰させてしまう。

私自身もまだまだ基本動作、基礎鍛錬ができていないと感じることが少なくない。指導中心になると型、約束動作が観賞用になってしまわないように注意したい。「脱力」「意念」も大事だが「技は力の中にあり」もまた真実。来年も自身の稽古、会員への指導に尽力しよう。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

本年もご指導ありがとうございました。
今年も様々な発見が出来、充実した稽古が
出来ました。

来年もご指導宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1051位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR