記事一覧

「喧嘩芸骨法」シリーズ


【訃報】骨法の堀辺正史師範が昨年12月に逝去 2016/03/02(水) イーファイトより
日本武道傅骨法(こっぽう)創始師範の堀辺正史師範が、2015年12月26日に心不全のため亡くなっていたことが分かった。
亡くなった当日は、いつも通りに早朝に起床。散歩をし、道場にて指導などをこなし、普段通りの生活を送った。
特に調子が悪い様子もなく就寝につくと、眠るように亡くなっていたという。74歳だった。
(中略) 
1950年、奈良時代より日本に伝わる独自の拳法という骨法を、流派継承上51代骨法師範で東條英機の身辺警護を務めた父から学ぶ。1976年に骨法道場を東中野に創設し、アントニオ猪木を始め、グレートカブキ、獣神サンダーライガー、船木誠勝ら有名プロレスラーを指導したことで一躍その名が知られ、テレビや雑誌にたびたび登場した。


バブル経済期は様々な新興武道、格闘技が勃興した時期でもある。
格闘技通信をはじめとした格闘技雑誌が毎号UWF、修斗、大道塾などを特集していた。その中で異彩を放っていたのが「骨法」だ。従来の「正しい基本」や「ルールの中での戦い」に疑問を呈し、「骨法は精神修養を目的とした伝統武道ではない。街の喧嘩に使うための喧嘩芸だ!」との主張は斬新だった。

確かに動画を見れば街の殴り合いに近いと言えるかもしれない(著書に紹介されていた「ヒザ折り」「失脚」「掌握術」の技法が組手で見られないのが残念)。


バブル崩壊後ブラジリアン柔術、バーリトゥードがブームになるにつれ、「喧嘩芸」は「日本武道傅骨法」と改称し、初期の著書ではどちらかと言えば否定的だった組技を重視する方向に移行していった。グレーシーが話題となれば武者相撲、K-1がブームの際にはジャパニーズボクシングと路線変更していった。

それにつれ骨法がマスコミに登場する頻度は少なくなったように思う。やはり組技ならブラジリアン柔術、拳を用いたテクニックなら本家のボクシングやムエタイのほうが格闘技マスコミとその読者にアピールしたのだろう。

喧嘩芸路線を貫いたほうが神秘性が継続し、差別化できたのでは?とも思える。当会でも30代後半の会員達と「ヒザ折り直さん」や「極意技・透し」などの話題で盛り上がることがあるので残念だ。


空手 ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
56位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR