記事一覧

2007年6月24日

今日は会員歴半年のSN君とN君にはじめて組手に参加させた、といってもほんの少しの時間だけだが。
SN君はなまじスポーツ武道歴がないだけに非常に身体が素直に動き、型も矯正すればすぐに自然な動きとなる。反面、組手では経験のなさからどのように動いていいのかさっぱりわからない様子で顔面がら空きでつっこんできたところに軽く掌底をあわせたところかなり効いた様子(というより慣れていないだけ)。
私のはじめての自由組手は大学1年生、大学でのフルコン空手だからもう四半世紀以上も昔になる。自分のはじめての組手の様子などもう忘れてしまった、ただ恐怖心と妙な先輩への遠慮でまったく動きがサマになっていなかったことだけは覚えている。
当会の自由組手は「鍛える」とか「強弱を決める」といった性格のものでなく、あくまで身につきつつある技をどの程度動きの中で使えるか、それこそゼミナールの演習問題みたいなものだ。しかし組手を経験することで型だけでは得られない喜びがみつかることも事実である。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Unknown

チントウはやりません。私が教わったことがないからです。
今のところ当会会員は一番多く型を教えている者でも四つです。
サンチンとナイハンチは毎回の稽古で必ず行います。それ以外は特に数多くの型を稽古することに意味がないのでレベルにより教えています。サンチン、ナイハンチで身体をしっかりつくっておけば上級型の指導はそれほど難しくありません。逆に言えばサンチン、ナイハンチがそれだけ難しいということです。

質問!

型は5つだけ稽古されてるのですか?チントウとかはやりませんか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR