記事一覧

型 − 「受けにまわらせる」ということ

サンチンの型のいちばん最後の部分に「トラグチ」という技が出てくる(剛柔流や極真会でいう「回し受け」)。左右の手の調和した動きを習得させる意味で当会では比較的初心のうちから約束組手(分解組手)を行っている。

初心者は当然ながらお互い力をいれず、とりあえずフォームを覚えることからはじまるのだが、ある程度のレベルに達した生徒には受けられた自分の突き手を変化させ、相手の受ける力を利用して反撃する応用組手も稽古させている(つまり相手の反撃に対する反撃)。

約束稽古であるゆえ単に反撃だけなら実に簡単だ、ある程度の技量が要求されるのは動きのなかでも正しい姿勢をくずさなず、かつ威力を出すことである。自分は正しい姿勢を持ったまま相手を一方的に「受けに回らせ」、相手の連打を防ぐ状態につながる稽古でないと意味がない。

サンチンは身体をまっすぐ正面に向ける。約束稽古もお互いほとんど正面を向いたまま行うのが正体だ。相手の内側に入ってかつ相手の反撃を防ぐのは難しい。しかし、その難しい技法を取得すれば組手が容易になる。そのノウハウを型は教えてくれているのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR