記事一覧

問いに答えるー 当会の稽古

前回の記事「基礎体力は不可欠」に在外沖縄空手初心者さんとおっしゃる方からコメント(質問)をいただいた。回答が長文となったこと、また同様の疑問を持つ方は多いのではないかと思い、一つの記事として以下回答する。型と稽古に関する質問だ。

1) 型では動きや体を練る、とのことですが、それは例えば、居付かず動ける、素早く強く突ける、そのような体の動かし方を身につける、ということでしょうか。それとも、型に入っている形とは違うけれども型の技(打ちや受け)を使う際の体の使い方を学ぶ、ということでしょうか。

→ いつかない動き、スピーディな動きは重要ですが必ずしも型によらなくとも習得は可能と思われます。
おおまかですが当会では主に
サンチン - 身体を創る
それ以外の型 - 動きを創る、技を出すときの力の使い方をトレーニングする
といった位置付けです(当会ではサンチンの稽古をする時間が最も長いです)

文章で説明するのは難しいのですが一例をあげれば剛柔流なら回し受け(トラグチ)を稽古されていると思います。しかし、そのまま組手や「本当の実戦」で使うことはまずありえないでしょう。
ただ両手を同時に使うことによる力の出し方は稽古できると思います。
両手を使うことの重要性を学習するのです。

2)型の技が組手で使えるわけではない、という場合、皆さんは組手の技をどのようにして習得しているのでしょうか。
特に、連続技を出す場合、連続技に対処する場合など、組手技の研究や練習は別にしているのでしょうか。

→ 結論から言えばYES(組手技の研究や練習は別にしている)です。
ボクサーはサンドバッグやシャドー、コンビネーションを行います。
フィットネスボクシングならここまででもいいでしょう。しかしリングに上がるボクサーは対人稽古を行います、それと同様です。
型は基本として重要ですがそれだけでは戦えません。戦い方は別途稽古の必要があります(ごく一部の天才は例外)。

3) 稽古でされている「型の検証」とは、具体的にはどのようなことでしょうか。

→ 型の動作や技が「活きているか」「威力があるか」を確認します。
例えば型に「手刀打ち」の動作があったとします。
格好は少し稽古すれば誰でもできるでしょう。しかし、空手経験者でも意外に型の動作では威力の出せない人が少なくありません。
当会では実際に腕や体を打たせて確認します。
威力のない場合、以下の理由が考えられます。
①基礎体力の不足 ②稽古量の不足 ③根本的に打ち方、力の使い方を間違えている。
そのいずれかを指摘し、特に③の場合打ち方を矯正する指導を行います。

参考になるだろうか・・・・


空手 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

参考になりました

古流修行者さん

丁寧に説明して頂き、有難うございます(よく考えれば、入門案内のほうにコメントすればよかったですね(汗)。

型稽古の意味、組手との関係が良く分かりました。「型は楷書」という言葉を見たことがありますが、楷書(型の動き)をモノにしないと自分の草書(技の動き)は作れず、また作っても文字だけでは文章(組手)にならないので自分で補っていく、という感じでしょうか(間違っていたらご教示頂ければと思います)。

また一つ、質問続きになってしまうのですが、「型の術理」とは「型の分解(手順)」と同義でしょうか。あるいは、型で使われている個々の技における姿勢や力の入れ方、といった技における体の使い方を指されているのでしょうか。

いくつかの記事中で「型の術理を理解する」という表現をされていたので、分解技のことか、体の使い方のことか、それとも型を貫く戦闘思想(戦い方)のようなものか、今一つ分からなかったので質問をさせて頂きました。

今後は、まずはハラを作ることを日頃の稽古に取り入れ、型についても正確に、かつ威力の出るように取り組んでいこうと思います(恥ずかしながら、ハラが大事、ということを一度も考えずに空手を稽古していました・・)。そのうえで、「いかに打たれずに打つか」という問いに向けて技を術に練り上げる道筋を考えたいと思います。

道場の人たちも巻き込みたいですが、先生の顔を潰さないようにやる方法を思案中です(色々と提案すること自体はOKそうですが)。

9月に京都出張があるかもしれませんので、その際にはぜひお伺いさせて頂ければと思います。

在外沖縄空手初心者さん、再度のコメントいただきありがとうございます。返信が遅くなりすみません。

9月に京都に来られるとのこと、当会は武縁を大事にしたく考えていますので日程等があればゲスト参加ください(連絡はプロフィール記載のメールアドレスまでお願いします)。

さて、

また一つ、質問続きになってしまうのですが、「型の術理」とは「型の分解(手順)」と同義でしょうか。あるいは、型で使われている個々の技における姿勢や力の入れ方、といった技における体の使い方を指されているのでしょうか。

→ 型の術理と分解は別物です。型の分解はよく武術雑誌等でも紹介されている「相手がこう突いてきたら、こう受けて、こう反撃して・・・」というものですが当会ではこの手の約束組手は弊害のほうが多いと考えています(必要以上に「現実離れした動作」を習得させる稽古には疑問を持っています)。

型の術理・・・文章にするのは難しいですが一言でいえば

第一段階「型の動作(手、足など)が生きているか」
第二段階「その動作で威力があるか」
第三段階「その動作が自由組手で使えるか」

といった手順を当会では考えています。

第三段階は相手のあることなので型の稽古だけでは習得できませんが一、二は型の動作だけでもお互いに確認可能です(体に技をぶつけるなどの稽古で)。

極論すれば当会の稽古は型の順番を覚えたあとは上の三段階の確認、向上させるための稽古がほとんどです。

ご回答有難うございます

古流修行者さん

ご回答頂き有難うございました。

確かに、分解組手は不自然、という点は私も長く感じておりました。相手がそのまま動かずに待っていてくれているわけもなく、型の中の技がきちんとした体勢で出せているか、という稽古には良いのでしょうが、そこから先を考えあぐねていたところです(沖縄剛柔流には自由組手(高段者はフルコン)があるようなのですが、今のところ道場で先生の自由組手の指導を目にしてはおりません)。

動きの中で相手を崩す、二打目を出させないようにする、受即突で同時反撃する、などの練習法を、自分なりに考えていきたいと思います。個人的には「夫婦手」の感覚をつかむことが必要なのでは、と感じてはいるのですが・・・。

出張については、10月末ということで決まりました。まだ2か月ほど先なのですが、近くなりましたらメールをさせて頂きます。お伺いした際には疑問点を体を通じて解決したく、ご迷惑なほど質問をさせて頂くかもしれませんが、宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
70位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR