記事一覧

番人と教育係

昔の相撲部屋には必ずといっていいほど万年十両クラスの新人教育係がいた。ジャンアント馬場も全盛時を過ぎたザ・デストロイヤーを何度も来日させ若手にプロレスの厳しさ、難しさを体感させたとか。

さて、日曜の稽古では当会最高齢の会員Fさん(56才)と会員歴1年のO君(33才)の間ではじめて自由組手を行わせた。ムエタイ経験のあるO君、間合いとコンビネーションで相手に入ろうとするのだがFさんは相手が構えるや否や一瞬のスキをついてすばやい掌打でO君の横面を張り倒す。O君曰く「攻撃が見えませんでした。いつのまにか横面を張られていました」とのこと。

このFさん、当会がネット募集を見て応募してきた。いわば公募一期生。当時すでに40代半ばで以前少しだけフルコン空手の経験はあったとのことだがほぼ初心者の段階で当会への入会である。

正直に言えば型は苦手なようでいまだに鑑賞できるレベルではない。しかし組手はセンスがあるのか、小柄な体ながら40代の時期には顔面ガードの甘いフルコン空手茶帯クラスを組手でバシバシしばいていた。技術よりもダッシュが早い、実戦肌のタイプである(半面ケガも多かったが)。当時の異名は「武道上達法研究会の番人(ゲーリー・グッドリッジ)」(笑)。

さすがに50代になってからは組手を控えるように私のほうで監督し、健身的な稽古を増やしてはいる.。しかしまだまだ元気いっぱいのFさんには新入会員の見本として頑張ってほしい。「武道上達法研究会の教育係(デストロイヤー)」か(再度、笑)。

IMG_0568[1]サンチン(中割れ)を稽古するFさん


空手 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
867位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
51位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR