記事一覧

関節技

前回の記事で紹介したO君、体力、技術ともまだまだではあるが徐々に進歩しているのはうれしい限りである。

さて、先日先輩会員に向かって自由組手形式で連打を出させた。先輩会員にとっては積極的に攻撃はせず、相手を怪我させずに取り押さえる稽古といっていい。

さてO君、かなりファイティングスピリッツが出てきたようで以前の流派で行っていた膝げりやローキック、パンチ連打を遠慮せず出せるようになったのは喜ばしい。ただ表演武術時代のクセか、手首を握られるとそれだけで急に攻撃をやめてしまう。ギブアップが早すぎるのだ。

柔法系武道、特に合気道などを稽古されている方ならご存じだろうが普通の成人男性に技をかける場合、普通の体力でも必死にもがき暴れた場合は柔法、特に手首への逆技(関節技)などはなかなか極まらないものだ。逆に言えば簡単に動きをとめてしまうと相手に容易に逆技などをかける機会を与えてしまう。悪癖をつけてはならない。

組手指導をお願いしているI先生からは「逆技?まず暴れまわっている相手にかけてみい!」と指導を受けている。



空手 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
64位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR