記事一覧

技が盗まれるぞ!?

大学で空手をはじめた当時、フルコン空手の教科書といえば大山先生の著書くらいしかなかった。購入して参考としたが基本(突き、蹴り、受け)も約束組手で大学で教わるもの(サバキ空手)とはかなり異なっていた。

真偽は不明だが先輩によればフルコン空手の同好会結成当時、他流空手や少林寺拳法のクラブが技をが盗みに来るので明らかにスパイとおぼしき人物が周囲にいた場合、約束組手やコンビネーションはすぐに中止し、体力運動などあたりさわりのないものに切り替えたとのことだった。

その後一冊の本が出版された。当時空手界ではブームになった本だ。



「これはヤバイぞ、サバキのテクニックがすべて他流に習得されてしまうぞ!」という同級生もいた。

で、肝心の芦原先生は巻末で「この本を読んでサバキができるようになったと思いたい奴は思えばいい、本当のサバキはできないよ」と書かれていた。

今では多くの格闘技雑誌がこれでもかというばかりにいろいろな流派の秘技(?)を公開している。本を読んだり、見学しただけで盗まれるような技術などたいした技術ではない、という自信の表れだったと思う。先生は「芦原のサバキは誰にもできないよ!」と語っていたという説もある。

技術は稽古の裏打ちがあってはじめて実用可能となるものだ。


空手 ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
53位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR