記事一覧

約束組手−手刀受けから関節をきめる

実戦にそのまま使う技ではないが約束組手で相手の右突き(順突き)を左足前の手刀受けで受け、そのままこちらの右手を相手の腋下からまわし相手のヒジ関節をきめる稽古がある。

文章だとわかりづらいが柔道でいう腕がらみを立ったまま行うようなものだ。似たような型や稽古法は結構ポピュラーである(戸隠流「鬼砕き」など)。

初心者が失敗するのは相手の右手をきめることにばかり意識が働き、もう一方の手(すなわち左手)で反撃されることをまったく想定しないことだ。

約束稽古で相手が協力してくれるのだから関節をとることは比較的容易だ。ただ関節をとることに夢中になってはこちらの両手を使って相手の片手を制する習慣をつけてしまい、稽古の意味がなくなる。相手の腕を決めるのではなく身体全体を制する気持ちで稽古することが必要だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR