記事一覧

型「パッサイ」の支え腕受け

多くの流派で型「パッサイ」の一連の動作に「支え受け」がある(当会も)。右手で腕受け(内受け)を行い、その際に左手を右手に添え二本の手を使って相手の攻撃を受ける技である。

よくある解釈は相手の突きが強い場合、片手だけでは受けの力が弱いので両手を用いて強い受けにする、というものだ。

一見もっともな解釈である。しかし、片手で止まらない(コースを変えられない)ほどの突きなら両手を使ってもたいして効果は変わらない(一度実験されてみるとよい)。さらに問題となるのは相手の片手の技を制するのに両手とも使ってしまうことで反撃技が限られることだ。

パッサイの支え受けは多くの場合、一見不自然な歩法や立ち方(当会の場合交差立ち)とセットになっている。

交差立ちと支え受け

すると実は防御は足を使って行い、あくまで手による受けは補助的なものと考えるのが自然ではないだろうか(ことさら両手でガッチリと受ける必要はない)。さらに言えば一見二本の腕を使っているように見える支え受けも実は防御には片手のみを用い、もう片手は接近戦からの攻撃用とみなす解釈はどうだろう。

夫婦手と言えるかもしれない。首里手系の多くの流派でパッサイを重視する所以だろうか。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
55位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR