記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流せ!青春の汗!!

学生時代の部活の記憶がよみがえる季節である。ここ数年、盆休みの時期の稽古は青春の汗コース(笑)と称して通常よりも補助運動を増やしている。ヒントとなったのは少年野球を指導している同僚の「クソ暑い時期に合宿やるんですね、たった3日程度の集中合宿なんですけどサボらず来るヤツは体の芯のでき方が変わってくるんですよ」という言葉だった。

武術的には基礎体力の鍛錬だけを独立させてわざわざ道場で行う意義は乏しい。また、腕立て伏せやスクワットなどで部分だけを鍛えるトレーニングは弊害も大きい。 しかし、体力が元手であることはスポーツも武術も変わりない。腑抜けた体幹でマトモな技を使うことは難しい。

IMG_0057[1]スクラムの姿勢で押し合う体幹トレーニング。姿勢を崩さぬよう注意

力に頼らないことと基礎体力が不要なことはイコールではない。古流でも「実際に戦っても強いだろうな」と感じさせる先生は身体も並のアスリーツ以上に鍛えあげていた。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
58位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。