記事一覧

稽古の充実感

先日の稽古ではもっとも会員歴の新しいEY君に効くパンチについての説明を行った。まだまだ身体のできていないEY君だったが僅かな意識の置き方でパンチの質が変わってくることは納得したようで「効く打ち方」ができたときの表情は明らかにそれまでと変わっていた。
「頑張れ、苦しめ、それが武道の道なのだ」という教授法が間違いだとは思わない。しかし単調に稽古を強制、それもいつ実るかもわからない基本練習の繰り返しというやり方が現在的でないことも一面の真理だ。
武道に限ったことではないが「稽古していなければ自分には一生できなかったこと」ができたときの喜びは格別である。指導する立場のものは生徒に対し僅かずつでもそれに近づいていることを日頃から認識させ、マンネリズムに陥らせないことが重要だ。貴重な若い時間を無駄にすごさせる権利は指導者といえどもないのだから。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また東京稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
980位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
65位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR