記事一覧

受け技で防御する?

当会の自由組手は強弱を競うものでなく、お互いの攻防の欠点を指摘しあう程度の軽度のものだ。安全のため力、スピードはセーブして行っている。

さて、スピードを抑えた組手になると空手経験者に多いのが相手の攻撃に受け技を出して防御しようというものだ。例をあげれば相手の顔面パンチを外受けし、外側にまわりこんだり、前蹴りに対して下段払い受けで防御するもの。サバキ系、ポイント制など流派やルールの違いはあれ受け技→反撃技のパターン稽古を行っている道場は多いと思う。私も大学時代はこの手の約束組手を数多くこなした。

しかし、スピードを抑えた組手においてすらこの手の技術はよほど力量差がないとこの手の受け技は使えないのが実情ではないだろうか。まして全力での突き、蹴りに対しては同レベルの相手ですら難しい。

「受ける」というう意識自体が相手に先手を許しているともいえる。先手を取らせれば勝率は下がって当然。受けるという行為自体に無理がある。「触れる」程度なら可能かもしれない。

空手に受けなし、との先人の言葉を再考してみよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
622位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
32位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR