FC2ブログ

記事一覧

型に解あり

沖縄空手の型は何年稽古しても新しい発見がある。ナイハンチの型はほぼ正面を向いたまま蟹のように真横に移動する。現実の戦いではまずありえない動きだ。横から襲われた時の技術、などという解釈をするとますますわからない。

閑話休題、未だに自由組手の立ち方、戦い方で迷うことがある。ポイント制の競技空手で有効な半身の構えが「何でもあり」だと不利なことは理解できる。では相手の正面にただまっすぐ立っていればいいのか?・・・・・これも危険な体勢だ。簡単にパワー負けしてしまう。

半身にならず、まっすぐ立つ。しかし相手の正面に立たない。矛盾している。

しかし、この矛盾した身体の使い方を型は教えてくれる・・・特にナイハンチの立ち方、闘い方。

多くの流派で重視する所以だと思う。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
468位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
30位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR