FC2ブログ

記事一覧

型の解釈と自分の技

先日、ある武術を指導されている方と交流した。

接近した状態から手で金的を攻撃する技法を見て
「それが型の分解なのですね」
と言われたので
「これを分解組手や技としては指導していません。
たまたま私の体からはこの技が出しやすかったので、この技が出ました。しかし会員には蹴りでも投げでも自分のだしやすい技を出せばいいと指導しています。
相手を死に体にすることが大事なのでどの技を使うかはそれほど重視していません」
と回答した。

空手の型の中の動作では中途半端ともいえる形の技が少なくない。もっとも重視するナイハンチ(内歩進)の型などはその典型だろう。手を横に広げたり、単発のカギ突きはそのまま組手で使える技ではない。

逆に言えば各自の体に合わせて応用は無限である。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

古流修行者

Author:古流修行者
大阪、尼崎で沖縄空手を指導しています。また三木市稽古会も発足しました。型で身体と動きを創ることを中心としています。興味をもたれた方はjyoutatsuhou@gmail.com までご連絡ください。

武道上達法研究会 古伝沖縄空手指導日誌

アクセスランキング

アクセスランキングに参加しています。ご来場いただいた方は上のバナーをクリックいただければ嬉しいです。
[ジャンルランキング]
スポーツ
468位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
30位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

QRコード

QR